再生装置

2014年8月12日 (火)

コントロールアンプの買い替え

都内某オーディオ専門店でコントロールアンプPhase Tech CA-3を中古で購入。これまで使っていたLyraのアンプは買い取りに出すことにした。

現在使用中のパワーアンプはTrigonであるが、Trigonはプリアンプもなかなか評判良く、本来ならプリ・パワー共にTrigonで統一するべきなのかもしれないが、Trigonのアンプを使っていて唯一気に入らないところがインシュレーターで、これは動かさなくてもプラスティックの部分がひび割れてしまうのである。音にはほとんど影響ないのかもしれないが、プリアンプも同じものを使用しているようなので、ここは日本のメーカーでデザイン的にもマッチするPhase Tech を選ぶことにした。オーデイオは音も大事だが、見た目も重要。日本のオーディオメーカーは重くてサイズが大きいものが多いが、わたしはそういったものは嫌いで、Phase Techの大きさが限界である。今までオーディオ機種選びで一番悩んだのがプリアンプだろう。

プリアンプを変えることで多少なりとも音楽の感じ方は変わってくるだろうし、聴き慣れたディスクのなかに新たな発見があることも期待している。現在いろんなジャンルの音楽をCDで聴いているが、Lyraより使い勝手、操作性が良く、リアパネルの端子類の間隔にゆとりがあるからケーブルの取り付けが楽々だった。心配していた中高域のきつさもなく、バランスのいい音で鳴ってくれて安心した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)