再生装置

2014年8月12日 (火)

コントロールアンプの買い替え

都内某オーディオ専門店でコントロールアンプPhase Tech CA-3を中古で購入。これまで使っていたLyraのアンプは買い取りに出すことにした。

現在使用中のパワーアンプはTrigonであるが、Trigonはプリアンプもなかなか評判良く、本来ならプリ・パワー共にTrigonで統一するべきなのかもしれないが、Trigonのアンプを使っていて唯一気に入らないところがインシュレーターで、これは動かさなくてもプラスティックの部分がひび割れてしまうのである。音にはほとんど影響ないのかもしれないが、プリアンプも同じものを使用しているようなので、ここは日本のメーカーでデザイン的にもマッチするPhase Tech を選ぶことにした。オーデイオは音も大事だが、見た目も重要。日本のオーディオメーカーは重くてサイズが大きいものが多いが、わたしはそういったものは嫌いで、Phase Techの大きさが限界である。今までオーディオ機種選びで一番悩んだのがプリアンプだろう。

プリアンプを変えることで多少なりとも音楽の感じ方は変わってくるだろうし、聴き慣れたディスクのなかに新たな発見があることも期待している。現在いろんなジャンルの音楽をCDで聴いているが、Lyraより使い勝手、操作性が良く、リアパネルの端子類の間隔にゆとりがあるからケーブルの取り付けが楽々だった。心配していた中高域のきつさもなく、バランスのいい音で鳴ってくれて安心した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

山水SP 70 内部配線材交換

数年前にヤフオクで入手したスピーカー山水SP 70の内部の配線材を交換。コイズミ無線で切り売りしているベルデン製のものを購入。

http://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=10990949

リアバッフル板を締め付けている皿木ネジが錆ついていたために、ネジを緩めようとしたところ、残念ながら片側の方が数本ネジの部分でポッキリと折れてしまった。40年もずっと締め付けていたものなので仕方ない。こういうのは外せる時に取り換えておくべきなのだろうね。しかし、それ以外は問題なく、難なく交換できた。はんだこてなんかを使ったのは何年ぶりであろうか?

2003_0101_000000pict0598

メーター300円でも効果はあった。このSPで最新録音作を聴きたいとは思わないし基本的にナローレンジであることに変わりないが、すっきりとした中高音域になったように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

ツイーター交換

約一か月前、スピーカーの音が変なのでおかしいと思ってみてみると、1998年に購入してから問題なく鳴らしていたスピーカーFocus Audio Model 68の片チャンネルのツイーターから音がでなくなっていた。調べてみるとツイーターユニット本体が壊れていた。昨年震災の時にスタンドから落下し、そのダメージなのかどうかは分からない。ピアノブラックのエンクロージャーは傷だらけなので、どうしようかと迷ったが、簡単には捨てられないので、ユニットの型番を確認し、ネットでいろいろ検索して調べ、結局AEDIO Japan でツイーターを海外から取り寄せてもらうことにした。このFocus  Audio Model 68のツイーターはScan-Speak D2905/9500。参考価格はこちら

2003_0101_000000pict0516_5

2003_0101_000000pict0515_2

交換した時に気づいたのが、このDenonのスピーカースタンドの天板と底板と柱角を止めているネジが両方とも完全に緩んでいたことである。新品で買った時には間違いなくしっかりと締めつけているはずなのである。振動とはあれほどしっかり締めても緩めてしまうんだからすごいね。

2003_0101_000000pict0518_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

Dynaudio+Dayton

ネットワークの変更はこれで終わりにしたいと思っていたら、今度は組み合わせを変えてみたくなった。
フルレンジに0.15mHのコイルを入れたことによる音のバランスの良さに、サブウーファーは無くてもいいではないかと思うようになってしまった。
そこで、ずっとストックしてあった、DynaudioのツィーターとDaytonのウーファーの組み合わせの2ウェイのテストをしてみることにした。
思ってた以上にツィーターの能率が高かったので5Ωの抵抗で4.3dB落としたが、聴けないことはないがまだ少し高い。
このDaytonのウーファーの音圧レベルは聴感では84dBぐらいに聴こえる。 ツィーターと8dBぐらいの差はあるのではないだろうか?

2003_0101_000000pict0208

2003_0101_000000pict0206

そこで、早速ツィーターとウーファーのレベルを合わせるのに秋葉原へ出向き、抵抗を買いに行った。レベルの差は8dB前後とみていたので、元々直に付けていた5Ωの抵抗に3.9Ωの抵抗を並列に入れ、ツィーター側を-9.5dB落として試聴、ちょと下げ過ぎかと思ったらこれがうまくいった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

ネットワーク調整

Jordanのフルレンジはやや高域に張りがあるのか、ピアノの音がソフトによって変わった音がするのでやりたくはなかったが、0.15mHのコイルを入れることにした。

2003_0101_000000pict0200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

使用スピーカー

Fostex + Jordan + Dayton

0.22μF / / 8.2mH2003_0101_000000pict0194_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Classic | Jazz | Piano Trio | Rock | 再生装置 | 音楽