« 2015年12月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年3月

2016年3月28日 (月)

Live in Toronto King Crimson

とうとうこのバンドの全貌を見せてくれたね。待っていたよ、この時を。しかし、まぁちょっと待たされたな。

2014年のライブアルバム「Live at the Orpheum」は収録曲が少なかったのはあるけど、私は演奏に関しては十分評価していた方で、それなりに満足していたけど、今後の展開の期待も込めて、この後、必ず何かある、と「Live at the Orpheum」の記事には書いて、まあその通りとなったというわけだ。だって普通に考えてKCに限ってあれで終わるはずがないんだよね。KCとはすべてを生々しくさらけ出さなくてはならないバンドなのである。
 
7
 
ずっとKCを聴いてきたファンなら分かると思うけど、現在のこのバンドは年齢的なものがあるかなのかトリプルドラムスだからなのかBill Brufordが在籍していた時のようなスピード感はないと言えるね。ただ、私の場合で言えば、それが不満要素にはなっていなく、やはり今現在のまた新たな魅力を見つけられているから気にはならないで聴くことができるのである。 やっぱり少しは気に入らないところは出てくる。例えば、KCは昔からボーカルが弱い。しかし、それが音楽の質を損ねているわけではないし、十分許せる範囲ということである。それでボーカルがBoz Burrellに近いと言われているJakko Jakszykに代わり、「 Epitaph」「The Court of the Crimson King」の2曲をこのバンドがやったことは大きいように思う。私はここをまず評価したい。Jakkoにもっと歌唱力があったら完璧だったけど、このバンドにこの2曲は外せない気がした。「 Epitaph」はFrippのハーモニクス奏法が素晴らしく美しいねえ。やっぱりいい演奏をすれば、原曲の持つ素晴らしさを聴き手に教えてくれるもんなんだな。「Easy Money」のFrippのギターソロプレイを聴くと、若かったころに比べたら抑制した感じで弾きまくっていないし冒険らしきことはやってはいなく、意外性みたいなものは感じなかったけど、しかし、逆にそんなに変わってないなってところが大いに感慨深かった。本人に言わせたら昔よりはもっとうまくなっているよと思っているのかもしれないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年8月 »