« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月12日 (木)

Micro to Macro Joonas Haavisto Trio

わたしはほとんど国内盤は買わない主義なので、解説を読む機会も滅多にないが、このアルバムの解説によると、アルバムコンセプトは「宇宙」であるという。すべてHaavistoのオリジナル曲。コンセプが何であろうと、ここにはまず良い曲があって素晴らしい演奏がある。それは耳に残るメロディでありフレージングであって、もっと聴いてみたいと思わせてくれるほどの非凡さがあり、アルバムタイトル名に負けてはいない。ボーナストラックの「Slowing Down 」の素晴らしい歌心といい、聴き終わればもう繰り返し聴くことはないだろうといったありふれたレベルでないのがうれしい。そうならないと、私のような気まぐれでわがままなリスナーはついていけない。まあ、「宇宙」というほどのスケールの大きさは感じないし、ボーナストラックが2曲入りなのにもかかわらず、トータルの収録時間は47分と短めとなっているけどね。

Joonas Haavisto (p)
Antti Lotjonen (b)
Joonas Riippa (ds)

1 Light From Behind The Sun
2 Sothis
3 Circling Planets
4 Is There Anybody
5 Color Confinement
6 Partying Quarks
7 Slowing Down
8 Supernova

53138101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »