« Solo Piano at Carnegie Hall 1973-78 Bill Evans | トップページ | D845 & D960  »

2014年3月17日 (月)

まさか No.30 まで聴けるとは思わなかった

サントリーホールは本当に久しぶりだったが、けっこう道は覚えていた。眠くならないように睡眠も十分にとり、聴くことだけに集中できるよう心がけた。

東北に捧げるコンサートと題されたアンドラーシュ・シフのピアノリサイタルであるが、今回組まれたプログラムは「6つのバガテル」「ピアノ・ソナタ第32番」 「ディアッベリの主題による33の変奏曲」 の三曲。シフが今回選んだピアノはベーゼンドルファー。

演奏する順に32番を真ん中に持ってきていたが、これは聴く立場にとっては私的にはいいと思った。だが、何なんだろうね、32番の二楽章がもう少しで終わろうかということろで、信じられないことが発生。この不幸はあえて書かない。ここで詳細を書いたところであまりにもバカバカし過ぎて仕方ないから書けない。ありえないことが起きてしまったのである。

しかし、それでもこの日のサントリーホールをわたしは選んで良かった。結局はそんなありえないまったく不幸な出来事を忘れさせてくれるほど素晴らしかったからである。わたしは苛立ったし、今回の最大の目的は32番を聴くことにあったが、立ち去ることはできなかった。この場に最後までいることが重要に思えたのである。シフはアンコールにバッハのゴールドバルグ変奏曲アリアを演奏し、そのあと東北への想いを語ってくれたが、なんと最後にまたベートーベンに戻って終わりにしたいと言ったのである。

シフは黙って椅子に座り弾きはじめた。シフは想いを馳せながら、30番を全楽章演奏したのである。ベートーヴェン・ピアノ・ソナタで32番と同じくらい30番が好きな私は、これで感動しないわけがない。

シフはどの曲も演奏を終えたあと、深く沈黙し、お祈りをしているようだった。

|

« Solo Piano at Carnegie Hall 1973-78 Bill Evans | トップページ | D845 & D960  »

Classic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297999/55407965

この記事へのトラックバック一覧です: まさか No.30 まで聴けるとは思わなかった:

« Solo Piano at Carnegie Hall 1973-78 Bill Evans | トップページ | D845 & D960  »