« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年10月

2013年10月 8日 (火)

Jack Orion Bert Jansch

このアルバム、新品で買い直したが、今まで持っていたものがUS盤で、これはUK盤。買い直したこのCDの方が予想外に音が良かった。ジャケもこっちの方がいい。1966年のアルバムとは思えない音の素晴らしさで、ギター音がバッチンバッチンのベント奏法バッチリである。

51a3mwpfjgl__sl500_aa300_

1. The Waggoners Lad 
2. The First Time Ever I Saw Your Face 
3. Jack Orion 
4. The Gardner 
5. Nottamun Town 
6. Henry Martin 
7. Blackwaterside 
8. Pretty Polly 

音が左右に別れている曲があるが、それはJohn Renbournとの共演で、二人の共演は1,3,6,8の4曲なのは録音で普通に聴いて判断できる。Bert Janschのボーカルが左から聴こえるから、Janschのボーカルとギターが左で、右から聴こえるギターはJohn Renbournの方だろう。音が左右に別れるとセンターがスカスカになってしまう場合がよくあるが、これはそんなこともない。正直、わたしはJanschのボーカルはあまり気にしてないというか、それより二人のギターの方に完全に耳が行ってしまっている聴き方で完璧に満足である。しかし、驚いたことに、今まで持っていたUS盤の方は買い直したUK盤とは音の出方が左右逆となっている曲があるのに気付いた。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第94位、2011年の改訂版では削除された。

いやいや、削除されてほしくないねえ。これを聴いてそう思ったが。 

Bert Jansch & John Renbourn - Henry Martin
http://www.youtube.com/watch?v=N2bfPExtAfw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

山水SP 70 内部配線材交換

数年前にヤフオクで入手したスピーカー山水SP 70の内部の配線材を交換。コイズミ無線で切り売りしているベルデン製のものを購入。

http://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=10990949

リアバッフル板を締め付けている皿木ネジが錆ついていたために、ネジを緩めようとしたところ、残念ながら片側の方が数本ネジの部分でポッキリと折れてしまった。40年もずっと締め付けていたものなので仕方ない。こういうのは外せる時に取り換えておくべきなのだろうね。しかし、それ以外は問題なく、難なく交換できた。はんだこてなんかを使ったのは何年ぶりであろうか?

2003_0101_000000pict0598

メーター300円でも効果はあった。このSPで最新録音作を聴きたいとは思わないし基本的にナローレンジであることに変わりないが、すっきりとした中高音域になったように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »