« 2013年3月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

Plays Burt Bacharach Ivan Paduart

テナー奏者のBob Malachが結構フィーチャーされ、こちらは私とはあまり合わなかったもんだから、なおさらIvan Paduartの品の良い歌い口のうまさを感じることとなった。

1.This guy's in love with you
2.Wives and lovers
3.Alfie
4.God give me strength
5.The look of love
6.Close to you
7.A house is not a home
All songs composed by Burt Bacharach

Ivan Paduart (p)
Bob Malach (ts)
Jay Anderson (b)
Clarence Penn (ds)

976


ほとんどがミディアム&スローテンポで、一曲目の明るい曲調に、はやくもこれは明らかに私の好みとは違うなと思ってしまったが、だいたいバカラックの曲なんて私には向かんだろうとは聴く前から思ってはいた。それじゃ何でまた買うんだと言われれば、それはPaduartのアルバムだからで、他に買う理由などない。Paduartなら買って失敗したと思っても後悔はしないと言えるというか、まぁそれくらいミシェル・ハー集が私にとってお見事だったってのがある。

バカラックで私が知っている曲と言えばBill Evansもよく取り上げていた「Alfie 」とかカーペンターズで有名な「Close to you」やElvis Costelloとのコラボレーション作の収録曲ぐらいなものなので、それでPaduartが取り上げるくらいなのなら、今回はいいお勉強の機会にしておこうかとなった。

それでアレンジやメンバー構成に感心したのがミシェル・ハー集なら、このアルバムはというと全くそうではなく、Paduartのアレンジ力そのあたりは私の好みとはならなかったが、そのかわりにPaduart自身のピアノの方が素晴らしくて、より親しみを覚えずにはいられなかった。このピアノは甘過ぎなくていい。これはいいと我儘な私の耳を唸らせてしまった。

というわけで、私が個人的にいま一番いいなと思っているピアニストは、キコスキでもカルデラッツォでもピエラヌンツィでもなく、このパデュアなのだろう。

さて、Fred Hersch、Michel Herr、Burt Bacharachに続いてPaduartはまた誰かの作品集を出してくれるのか楽しみだね。

| | コメント (0)

2013年7月 6日 (土)

Haiku Anna Maria Jopek & Makoto Ozone

このようなアルバムがあるのを知れば、さっそく聴いては大絶賛したいところではあるが、残念ながら私の嗜好から外れているというか、今のところピンと来ない。

1. Yoake
2. Hej Przelecial Ptaszek
3. Dolina
4. Oberek
5. Biel
6. Do Jo Ji
7. O Moj Rozmarynie
8. Pandora
9. Dobro
10. Cyraneczka
11. Kujawiak
12. Yuugur

Anna Maria Jopek  vocals, kalimba
Pawel Dobrowolski  drums, percussions
Tomohiro Fukuhara  tradditional bamboo hlute
Robert Kubiszyn  double bass, acoustic bass guitar
Pedro Nazaruk  vocals, flute
Makoto Ozone  piano

41s88pjdlel__sl500_aa300_

私にとってココは良くてココは気に入らないという部分がはっきりしており、それでトータルとしてはあまり面白くない。これは私の感受性の問題なのかもしれないが、このような表現はJopekのボーカルの絶品さがこっちにダイレクトに伝わり難いし、小曽根さんのピアノも力強くて時には繊細で知的で美しく、ユニークさもありなんだけど、それが私とは波長が合わずに表面的に流されてしまい、なんとなく良いんだけどで終わってしまう。笛吹きに関してはノーコメントの何も言うことなし。

開拓精神はおおいに買うとして、クリエイティビティに対し日本人らしいというか真面目過ぎの印象があってなのか、私の場合これがすんなりと楽しさへと繋がっていかないんだろうね。というわけで、ほぼ共感できずに聴き終えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年9月 »