トップページ | 2013年7月 »

2013年3月

2013年3月17日 (日)

Man In The Fog Jan Lundgren

「The Maids Of Cadiz」このメロはどこかで聴いたことがと思って静かに聴いてみると、そうそう、Miles Davisのアルバム『Miles Ahead』に入っているメランコリックな曲だった。そして次のLundgrenの曲「View Of P」も恐ろしくすばらしいメロだった。

1. The Maids Of Cadiz (Leo Delibes, arranged by Jan Lundgren)
2. View Of P (Jan Lundgren)
3. Apres un reve (Gabriel Faure, arranged by Jan Lundgren)
4. I Don't Want To Cry Anymore (Victor Schertzinger)
5. En Lang Vantan For Vantans Skull (Bo Nilsson)
6. Man In The Fog (Jan Lundgren)
7. Twenty-Five Years (Hakan Rydin)
8. Theme From ''Chinatown'' (Jerry Goldsmith)
9. As Vitrines (Chico Buarque)
10. Tack For Allt (Jacques Werup)

2003_0101_000000pict0558

Lundgrenの新たな一面を垣間見るというより、もともとこのようなピアノソロは過去にやってはいて、ACT盤『European Standards』収録のEsbjorn Svenssonの曲「Pavane - Thoughts Of A Septuagenarian 」で、そこで一度Lundgerenのソロを聴いて美しさに痺れている者にとっては驚くようなことではないだろう。むしろリリシズム溢れるクラシカルな趣はやっぱりなと私の思っていた通りであって、今までピアノ・ソロ作がなかったことの方が私にとっては意外であり不思議だった。もしかしたら、Lundgrenは気が熟したと判断できるまでじっくり時間をかけて、いろいろとアイディアを温め、ずっとアルバムの構想を練っていたのではないだろうか?とも思えてくるが。しかし、最後の 「Tack For Allt」の終わり方と言ったらもう堪らなく切ない。

https://www.youtube.com/watch?v=DrwXIC4cYgc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2013年7月 »